ダイヤの4Cは買取価格にどう影響するのか

Pocket

ダイヤモンドの4Cは、グレードが高ければ高いほど値段が上がる要因となりますが、買い取ってもらうときにも高額がつく基準となります。

大雑把にいうと、4Cの評価の高さで大まかな価格を決め、いくらで買い取るかが提示されます。カラットは大きいほど、カットは輝きが美しいほど、クラリティは透明度が高いほど、カラーは無色に近いほどにグレードが高いとされます。

しかしあくまでもこれは目安であり、実際の査定にはさらに細かい点が関わってきます。

例えばカラットが大きいだけでは駄目ですし、カットが素晴らしくても輝きがたりなければあまり高い評価はされません。ダイヤモンドは天然鉱石なので、いわば完全無欠でないところが逆に美しさを生み出すとも言えるのです。
もちろんそもそもの4Cが高いダイヤモンドなら高額査定してもらえるので、売っても損をするということはないでしょう。

正確な評価をできるのは専門家だけですので、店頭に持ち込むか宅配やネットを利用した査定をおすすめします。

This entry was posted in ダイヤ買取の基礎知識. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります